劇団わに社「楽しい研修vol.3」ルシファーチーム

劇団わに社ルシファーチーム
7/16(日)10:00

前日のガブリエルチーム同様コント二本と短編1本。

観終わって2つのテーマが頭に浮かんだ。
①コントの笑い
②他者の存在を意識することで人は変化する

このテーマについて考えながら振り返る。まずはコント。

1本目漫才の入りの定番、1つ飛ばしてべっぴんさんに痛く傷ついた女の子たちに漫才師が怒られるというコント。着想はそれで良いとして転がし方がもう少し工夫した方が良いと感じた。
つかみは怒っている理由がわかったところでできているとしてそこからが、女の子たちの怒り方泣き方、言葉の強さで笑いを取りに行っている。ある程度はいいとしても、定番の客いじりに怒っているというシチュエーション、いわばこのコントの強みがいきていないように感じた。端的に言えばシチュエーションをいかした展開がない。

1つ飛ばしてべっぴんさんという定番の文句、あるいはその他の漫才の客いじりの定番に言及して怒っていくような作りとかどうだろうとか思って観ていた。べっぴんさんのくだりをこう変えろよと言ってくるとか。もっと怒り方にもバリエーションが出たように思う。

2本目合コンのコント。
ヨット持ってるとかのくだり面白かった。男性陣よりは女性陣の方がうまかった。車のくだりとか良いと思う。
そもそも台本の時点で女性の容姿に文句をつけるというのと車種にもってるイメージをもとに文句をつけるという違いがありこれは後者の方が絶対に笑いやすい。ブサイクを笑いにするのはバラエティではよくあるけどあれは受ける芸人の腕がいいから面白い。視点の独自性も後者の方が高いし。

問題としてはコントでやってる独特の発話やクセの強い動きが明らかに笑いにつながっていない。公平オブ公平とか。
これは上にあげたテーマに繋がるんだけど、今回見ていて思ったのは、コントより短編の方が笑いを取れているということ。
短編の方の演技はオーソドックスなものだがコントよりはリアルよりな発話と動きになっている。
それが良い効果を生んでいる、というかコントの方の演技の癖が悪い効果を生んでいる。
ボケてますよーというやり方ではなく、さりげない芝居の中で笑いを取るやり方の方がわに社にはあっているんだろうと思った。

それくらいコントは笑いを十分に取れていなかった。ただルシファーチームの方が少しコントの質は高い。にしてももっともっと面白くないといけないと思う。なぜならば今回のコントは笑いを取ることが目的だと思うから。

短編。
浮気調査をしてきた探偵とそれを依頼した妻、その娘、そして浮気した女性が出てくる。
良かったところ。ちゃんとコーヒーを実物用意して飲んだところ。この役者がその場でコーヒーを飲む営みを観たいんだよそれでいい!と思ってみていた。砂糖ぶっかけるのも絵的に面白い。砂糖いっぱいいれるとコーヒーってあんな色になるんだなあ…。

コントよりみやすい。デフォルメされた笑いが多いけど、探偵の先輩がコーヒーを最初に頼むくだりとかさりげなく面白い。コントに比べ笑いがしつこくないサラリとしている。

話としてはやりたいことはわかるけどちょっと惜しいところが多いという感じ。
コーヒーと恋愛あるいは生きていくことの苦さをかけている。
苦いコーヒーに砂糖を入れて少しの甘みを足しても全部甘くならずに苦みが残るように、
人生も潤いのようなものを足しても、楽しいと辛いが分離して存在するだけ、混ざって全部幸せにはなれないというような。普遍的な感覚であると思う。

コーヒーの例えをするのは全然良いと思うんだけどコーヒーに言及しすぎている気がした。苦いのわかったから、口に出さなくてもわかるからみたいな。もっとさりげなく使ってほしい。
今はコーヒーに砂糖入れたりするくだりがこの話を象徴することを言葉で説明しすぎてしまっている。
これをもっと説明を削って観客の方が能動的にあのコーヒーについて考える思いを馳せてこの物語のどこかを象徴するものだと思ってもらう、という方が良いと思う。
観客の想像力を信用してみる。

さっき説明を削るべきと言ったのはもう1つ理由がある。
喫茶店を舞台にした現代劇、どちらかといえばリアル寄りな演出。にしては余計な説明台詞、例えば不自然な独り言とかが多い。独り言以外にもこの場面でこんなこと言うかなというシーンが多かった。この不自然の原因は上に書いたテーマの通りなのだけど
②他者の存在を意識することで人は変化する
のではないかということ。それが出来ていないのではと考えた。

今回の芝居では探偵2人、妻、娘、浮気相手、喫茶店の店員のそれぞれかなりの割合で初対面かつ強烈に恨んでもおかしくないような人間関係の人たちが集まって話をする。
そんななかで浮気相手の女性と探偵2人という他者を前に妻と娘が話す言葉や、急に出てきた喫茶店の店員を前に妻と浮気相手が話す言葉、になっていたかという疑問があるのである。

カップルが喧嘩するとして2人で部屋で喧嘩するのと、共通の友達を含めた3人でカフェ(他のお客さんもいる)にいるときに喧嘩するのとでは別のものになることは多くの人がわかるだろう。

今回の芝居ではまるで他者が存在していないかのように、妻と浮気相手が話すならそこに2人しかいないように話しているように見える。舞台上の人間が戯曲の展開に合わせてむりに発話しているように思える場面があった。俳優が芝居で嘘をついていないか。

劇作家の平田オリザという人がパブリックな人の出入りが多い場所を舞台に芝居を作った。4人が舞台にいても2人2人でそれぞれに話すような芝居を作った。2人2人で別の話をしながらもどこかで他者の存在への意識を俳優は持っている。
だからリアルだと感じる。美術館のロビーで座っていると他の客が入ってくる、少し席をずれてスペースを空ける。人間にはこういう意識、営みが存在する。ましてや出会って同じ席を囲んで浮気という自分たちにとって大事な問題を話すなら他者を意識しないわけがない。

そこが戯曲の課題かと思った。ちょっと展開のために無理をしている。役者もそこに整合性をまだ十分に出せていない。
あとはそんなに対して親しくもないひとに自分の大事な話をするだろうかとか、暗転が必要だったかなんとかつなげられないかというところと、それぞれ初対面の人たちが「出会う」瞬間相手が誰か「気づく」瞬間が少し雑に見えた。

劇団わに社「楽しい研修vol.3」

7/15(土)12:00の回 ガブリエルチーム
会場 ナンジャーレ

劇団を会社、公演を営業、お客さんを株主と呼んでいるコンセプト劇団、劇団わに社の研修公演をみてきた。

今回はコント二本、短編「はるか16歳」を合わせた計50分程度。コントは新作で、はるかは度々再演している人気演目。


この先ネタバレがあります。お気をつけください。

 

話に入る前に下手の明かりが強烈に漏れていて気になった。コントの場面転換明かりがチカチカしていて嫌だった。

では本題。
まずコントについて。
率直に言えば全てが甘すぎる。

まず1本目は「詩の宿題を出したら生徒たちがそれぞれ変なものを提出してきた」ことを先生がツッコんでいくコント。

生徒は順番に、詩ではなく、しという字を大きく書いてみたりというボケをしていき、教師がそれをさばいていく。

私が感じた問題は大きくいって2点。
1つは詩にまつわるそれぞれのボケが観客を良い意味で裏切る気持ち良いボケになっていないように思ったことです。
詩=し、としてしという字を書いてくる。詩=しから死のイメージの絵を書いてくる、といったボケはオーソドックスなボケで少し予想がつく。

ただこれが悪いとは思わない。大事なのはここからで、しから始まるものとして師範の絵を書いてくるといった方向にいくのだが、それは予想を外しているものの気持ち良くない上手くないボケだ。


私なりにボケを4つに分類すれば

①予想を裏切り気持ち良い
②予想通りだけど気持ち良い
③予想を裏切ってるけど気持ち良くない
④予想通りで気持ち良くない

になると考えています。ボケに限らずだと思います。
この中で、今回のコントは前半2.4にあたる予想を外れないボケが続きそこから3にあたる予想は外しているけど気持ち良くないボケに突入したように思います。悪い意味で突拍子も無い感じがあった。

 

今回のコントは言ってしまえばフリップボケであると思います。
IPPONグランプリで芸人さんが出す①にあたる回答の気持ち良さのようなもの、が必要だったのではないでしょうかそれくらいのワードや絵のキレへの探求心。

2つ目はツッコミを担った先生役。
ツッコミが悪い意味でしつこく感じました。このちょっとしつこく足してく感じのツッコミは劇団の主宰である林優さんの芝居の影響だと思います。

それが悪いわけではないです。林優さんの芝居は好きで特に他団体で見ていると爆笑させられることもあるくらい笑いの上手い方だなと思います。
ただこの林優的笑いの取り方、林優イズムのようなものが俳優にしっかりと落とし込まれているのかと言われると私は疑問です。
現状台本と言い回しが林優イズムであるがレベルがそこまで達していないから台本の笑いが活きていないと感じました。
これを解消するには、林優イズムのようなものを徹底的に落とし込んでこの台本のツッコミで笑いを取れるようにするか、役者にあったツッコミや笑いの取り方を別で考えるかだと思いました。今は悪い意味で林優さんの芝居の型の中にハマるでもなくぼやっといるという感じ。あと単純に言葉に詰まりすぎ稽古不足。

2本目のコントは林優さんが声当てをやって役者は動く。
役者の動きの笑いも多少あるけど多くは林優さんの言い回しで笑いを取ろうとしている。舞台上の俳優の存在があまりにも希薄で弱くみえてしまったという印象です。

はるか16歳
再演だからか、明らかにコントより質が高い。はるかという少女の16歳18歳22歳28歳(30だったかもしれない)の頃を4人の役者が演じる。マイクを使って、ヒップホップ系の音楽が流れる中で音楽に乗りながらセリフをいう。
よかったなと思ったのはラスト、そこまでマイクを通して人生のもやもやした後悔やらを語ってきたのに対し、ラストでマイクを外し彼女の生の声で現在の肯定と前向きに生きていく言葉を語らせた。これは印象的だった。言葉が際立っていた。
課題となるのはリズム芝居ラップ芝居ということだと思う。リズム感が良く言葉をそのリズムに乗せれないとどうしても小さなひっかかりがあって気持ち良くない。その辺で少し気になった瞬間があった。
4人目1番年長のはるかは非常にリズムに言葉をうまく乗せているように聞こえて気持ち良かった。最後のマイクを外した語りを含めて、今回で1番上手い俳優だったように思う。

全体の感想としては俳優訓練にもう少し力を入れていくべきであると感じた。

 

俳優一人一人が笑いのセンスをもっと磨かないといけない、はたして今回の役者たちはどれだけコントや漫才やバラエティや喜劇をみてきたのだろう。僕には全然役者たちが笑いやコントを本当に好きで探求しているという感じを受けなかった。この点が非常に残念でかつこのことは今まで見た二回の本公演でも思ったことで、直らないなあという印象。

 

あと全然関係ないけどツイッターを改善した方が良い。定期にしてるツイートが多すぎて公演情報が見づらい。公演情報より定期の役者紹介やら時報が多いのは良くない。整理すべき。

映画「夜は短し歩けよ乙女」

原作森見登美彦 監督湯浅政明という豪華な組み合わせ。ミッドランドスクエアシネマにレイトショーで観にいった。

森見登美彦は「有頂天家族」「新訳 走れメロス」といった主に京都を舞台とした青春ファンタジー小説を描く小説家。

湯浅政明は「ピンポン」「マインドゲーム」など傑作怪作をいくつも作っている。この人にしか描けないと間違いなく言える独特な非写実的な描写が特徴ではと観ている。

描くものの形をぐにゃぐにゃにしたり、異様な色に変えてみたり、大きくしたり小さくしたり、様々な仕掛けが詰まったアニメーションを描く監督である。

 

森見登美彦湯浅政明の組み合わせといえば深夜アニメ「四畳半神話体系」がある。

これはもう紛れもなく傑作で、「夜は短し歩けよ乙女」でも描かれたような、黒髪の乙女に恋をしながら踏み出せず悶々と思索にふけっている男の話。舞台が京都なのも共通している。というか森見登美彦作品の繰り返される1つの型なのだ。

「四畳半神話体系」では、冒頭主人公「私」が膨大な新入生勧誘のビラ配りの中からサークルを選ぶシーンから始まる。このサークルを選んでいたらどうなるのか、を毎話描くという特殊な作りになっている。

もしもあの時あちらを選んでいたら、とはなにかにつけて人生で考えてしまうことだと思う。その辺りが題材になっているため、非常に普遍的な作品に仕上がっている。万人にオススメできる作品である。特に大学生には是非オススメしたい。

 

さて、そんな傑作を生み出したスタッフが集結した「夜は短し歩けよ乙女

黒髪の乙女と、彼女に恋する先輩が、京都の飲み屋を渡り歩き、古本市に赴き、学園祭でゲリラ演劇に遭遇しと次々に奇怪で愉快な出来事に出会っていく青春ファンタジーだ。

 

感想の結論からいえば、万人ウケするとは思えないけど結構楽しめたという感じだった。

楽しかったポイントはいくつかあって、1つは湯浅政明によるアニメの魅力。冒頭のお酒を飲み込むあのぐびっという強烈な動きからうわーいいぞとテンションが上がった。アニメーションとしての面白さが頂点に来たのは終盤。風邪をひいた先輩のもとに黒髪の乙女がお見舞いにくることがわかり狼狽するシーン。

そこからの一連の空を飛ぶところも含めもはや何が起きているのかよくわからなくなるハチャメチャなアニメーションが展開される。それが見応えがあって面白い。

 

後感心したのは元々原作が4話の短編になっているものを1つの長編作品にするにあたっての工夫だ。

第1話に当たる飲み比べの話から、第2話にあたる古本市の話へといった際のつなぎが非常にスマートなのだ。

 

更に、手元に原作がないので確かめられないが、小説では確か全ての話が同じ一夜に起きたこととはなっていなかったと思う。

これはおそらく映画化にあたっての改変だろうがこれが非常に効果的だった。

それぞれの話が分断されず乙女の歩く一夜の物語として繋がっていて、ラストシーン夜が明けて本編で初めての昼の明るさの中先輩と乙女が向き合うシーンが印象的になっている。

 

続いて万人ウケするとは思わないといった理由について。

全編通して90分強で4本の短編をまとめて長編作品にしている都合、1つの物語に割いている時間がかなり短い。そのため駆け抜けるように物語が進んでいく、その駆け抜ける感じがこの一夜の愉快さを増している時もあるにはある。しかしながらこの早いペースの中で森見登美彦特有の変な集団やワードがほとんど説明なく出てくるものだから森見作品に馴染みのない人にはなんのこっちゃといったところではなかろうか。詭弁論部はまだともかく偽城ヶ崎のくだりとかは何がなんだかわからないうちに過ぎた。少し勿体無いような気もする。

後は先輩と乙女の関係性の進展が少し急に見えてしまった。先輩は特に前半は何もできない人だから仕方ないのだがあまりにも乙女との関係性を示す時間がない、これは乙女と絡まなくても先輩のなかで乙女を思ったりする時間がもう少しあっても良いのではと思う。全編先輩の心理描写ナレーション、小説でいう地の文の読み上げがかなり削られていたことで、なんとなく先輩の乙女への気持ちが見えづらい。

とはいえ、ラスト、あの夜あなたは何をしていたんだろうと二人が共に思いながら喫茶店で出会うシーンは中々良かったが、それは2人がかなりの時間接触せずに過ごしていたことによるものでそう考えるとまあこのくらいのバランスでもいいのかとも思う。

 

感想以上。ところでエンディングは最高だったなー。荒野を歩け。あの曲で爽やかに終わって街に出ると飲み歩きでもしてみたくなる。